スポンサーリンク

今年も最終日出社日

前向きに書くサイトにしたかったけど、
僕は、そんな前向きじゃない人間だって最近よく気が付く。

来年に向かっていろいろ考えるんだけど、実行できることは、いくつかのうちのひとつだけ。こんなに人間って小さい存在なんだな、って最近改めて思う。

20代の頃は「手探り」

30代の頃は「社会観察」

で生きてきた。

わかったことは、働きアリの一生の先に生き方がないことだ。
一生懸命仕事をすることは、いいことだけど、救いの手は待っていない。

将来に救いがある・楽しい老後が待っているのは全部嘘。

待っているのは、競争社会・リストラ・年金崩壊。

僕はいい加減、会社のパーツでいることに疲れてきた。

「おまえこれからどうするつもりなんだよ」そう言われればその通りだけど、もう一度手探りしかない。

僕は大多数みたいな生き方はできない。
必死に満員電車に乗るようなガッツが欲しい。