スポンサーリンク

原油:新村さんのプロの目

現状の考察

トランプ政権は、2月まで原油制裁をすることになった。

10月ごろに足元に高値をつけて、その後、調整となっているが、どういう原因か?

株価の下落も影響しているが、需要と供給が大きい。

需給バランスは、去年とのバランスになる。

メインシナリオは、来年2019年の夏・秋にかけて価格が下がる傾向にある。

そうした中で起こる想定外のこと

イランに対して制裁発動をすることになった。

現在では、日韓が輸入を禁止したぐらいになる。

■事例:

・前の年の不足幅が150万バレル ⇒ 翌年の価格50%増

・過剰150万バレル ⇒ 50%下落する

6ヵ月全面禁輸のケーススタディ

(1) 日韓禁輸の場合:

あまり影響がない ⇒ 在庫が下がる

 (2) 全面禁輸の場合:

大幅な不足となる ⇒ 前年で50%上がる ⇒ 120ドル

※サウジが増加に応じられない場合の前提

原則は、半年間は緩々と下がるのがメインシナリオだが、全面禁止の行方次第でどうなるかという状態である。