スポンサーリンク

ギャンブル依存症?タカタ再投資してしまう。

タカタ・・・買うか悩んだ・・・・

実は、昨日、ストップ高になりそうなところをおっかけて・・おっかけたが・・・・結局買えなかった。orz

タカタを買うことにしたのは、以下の理由である。

1.株価が一旦ひきずりあがったのが元に戻った
2.経営陣は、会社更生法を適用させない努力をする

まず、1に関して言えば、一部報道の米国司法省の合意で一旦は、引きずり上がった。この時に保有していれば・・とタラレバにはもちろんなった。。。

”が”

しかしである。

買収検討の2社が会社更生法の主張をしているとのことである。これで株価暴落・・・ストップ安連投・・・これは、まさに買いだったが、タイミングを間違えた。

なぜなら、そもそも前からこの2社のステータスは変わってないし、主張も変わってないのに、暴落って意味がわからないのだ。なので・・・

暴落 = 買い

だったが、すかさず、タカタが、はっきりと会社更生法はNoをいったので、またストップ高で普通の株価に戻ったのだ、おもしろいのは、株価が下がらない下がらない・・きっと経営陣が会社を手放す気がない、かつ、誰かが株を買いまくっているので、一定以下にならないのだ。

これは、市場で流動する株が減ってからは、株価が大きく上がるチャンスだろう。そういう意味で、この株は、迫力があるのだ

そこで、ランチタイム中に買いをいれた!

そして保有である。

タカタの売上2016 vs 2017を見ても多少影響はあるようだけど、部品メーカーとしての強みは十分維持しており、まだまだ市場では戦えるレベル。しかも自動車会社達との債権交渉が終わってないので、調整が進んでいないのだ。そういう意味で・・・

じっくりまとう

という結論になる。4月ぐらいからのアメリカ大統領ハネムーンの終了で危険になると思うので、早前の2月中には売りたいな。